日産デイズ(B44W)の2万キロ走行レビュー【ハイウェイスターX】

2021年5月15日

日産デイズ ハイウェイスター X S-HYBRID(5AA-B44W)

愛称「ぶんちょっちょ」

納車されてから、約1年で約20,000キロを走破しました。

購入した当初はそこまで思い入れはありませんでしたが、そこそこ走ると好きになったのでレビュー記事を書いていきます。

ユウスケ@まきまーです。Twitterをやっています。

問い合わせはコチラ

日産デイズの好きなところ

まずは僕の相棒の好きなポイントについて触れていこうと思います。

1点注意して欲しいのが、僕の相棒は2020年の前期型モデルという点、

今は2021年のモデルはスペックが向上しているみたいなのでもしかするとレビュー内容が今のデイズと噛み合わない場合があります。

スムーズな走り出し

ここ最近の自動車に共通するのかもしれませんが、多少ラフに踏んでも電子制御のおかげでスムーズに走り出します。

悪く言えば「レスポンスが悪い」

スポーティーな車が好きな人からすれば、物足りないと感じますが、ゆったり乗り心地になるので運転はしやすいです。

アクセルに対して鋭い反応が欲しい場合は、スロットルコントローラーを入れると多少は改善されると思っています。

広い室内空間(主に後部座席)

これも近年の軽自動車のトレンドですね。

特に後部座席広さを大きく確保した車が多くみられます。

先代モデルに比べて、ホイールベースの拡張とボンネットを短くしたことにより、かなり広い室内空間を実現しています。

後部座席の前後幅だけなら、日産フーガと同じ

この広い後部座席のおかげで、ロングドライブの休憩はかなり快適でした。

そこまでの後部座席の広さを確保していながら、荷室空間も軽自動車であれば必要十分なサイズを満たしているのもメリットだと思います。

それなりに高い燃費性能

燃費の悪い車には人件がない(高級車を除く)とまで極端な思考をもった人が増えてきていますので、燃費性能もそこそこいいです。

日産と言えば「e-power」ですが、ぶんちょっちょには搭載されていません。

ぶんちょっちょには、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)が搭載されています。

メインはガソリンエンジンで、モーターは気持ち走行アシストを行う機構です。

モーターアシストが無くても加速感が変わる感じはありません。

エンジンの回転数が若干上がるだけです。

標準グレードのデイズに乗って体感してきた

納車してから、給油のたびに記録を取っているのでコチラのデータを参考にしたいと思います。

  • 計測条件
    • 満タン法
    • 通勤の走行距離 30~50km / 日
    • オフの走行距離 30~400km / 日
    • 1週間の平均走行は、約500km
    • 1か月換算すると、約2,000km

上記の条件で1年間ほど計測すると、約18.9km/L

カタログ値がカタログ値が18.8km/L~21.2km/L(※WLTCモード)なので、おおよそカタログ通りに走行することがわかります。

クソ燃費計算で有名なJC08モードもオマケで書いとくと、29.8km/Lとなってます。

80km/h巡行の高速道路で区間燃費が25km/Lでしたので、やる気をだせばJC08モードに近い値、それ以上の値を余裕で叩き出せますが現実的じゃない燃費計測は意味がないので紹介しません。

日産デイズのイマイチなポイント

質感の高くない「○○風」のパーツ

日産デイズのコンセプトのようなもので、「普通車のような作り」を意識した外観、内装をしています。

外観は気に入っているので、特に問題はないのですが、問題は内装デザインになります。

ウインカーレバーや、ワイパーレバーを動かした時の質感等の評価できますが...

スイッチの感触は高評価

ダッシュボードがソフトパット風になっていて、ステッチまで型取りをして「○○風」に力を入れていることがわかります。

コストカットなのか、手間がかかっているのかよくわからん所にお金かけてます。

せっかく良い配色なのに、勿体ないなぁと感じるポイントでした。

続いて、メーター周りはEL風にメーターパネルに色が塗ってあります。

夜間に遠目から見れば、ELメーターに見えますが、昼間は逆に安っぽいです。

見てて悲しくなる

その他、個人敵にはピアノブラックが大嫌いだったりと...。高級感を求めて安っぽくなった点が目立ちます。

どうあがいても軽自動車

どれだけ普通車を目指したところで、所詮は軽自動車です。

坂道に負けるし、高速道路も走行安定性は従来の軽自動車より改善しているものの、ノートと比較すれば圧倒的にノートの方が安定します。

また、ヴェルファイア・アルファード、ヴォクシー、ステップワゴン等々のドライバー達からは、容赦なく煽られます。

ドラレコが付いていても無駄

筑豊をなめてはいけません。

静粛性も、軽自動車の中では静かですが、近年の普通車と比べれば、うるさいと感じるかもしれません。

僕は好きですが、一般的に見ればデメリットに入ると思います。

電気系統の弱さ(僕だけ?)

マルチセンシングフロントカメラが、2回壊れました。この1年で。

あとは、エンジンの始動が調子悪い時があります。(ドラレコが原因な気がする。)

これからも、壊れていくと思います。

追記(2021/9/15)

ドアミラーが開かなくなりました(*´ω`*)

パーツが届くまで、手動ドアミラーで頑張ります。

以上が素人がまとめた、デメリットになります。

軽自動車である。これさえ受け入れてしまえば不満に思うところも少ないと思います。

ぜひ、何かの参考にしてください。

誰かの検討材料になって欲しい

車が好きなだけの素人が、素人の感覚でまとめた内容です。

素人故の目線もあるから、役に立つと思いたいですが、素人故に間違っていることを伝えているかもしれない。

そんな不安を抱えて、この記事を作成して皆さんお伝えしています。

車の案件とか、もらえるようになりたい...。

僕は、この車が好き

中学生~高校生の時、「スポーツカーしか勝たん」とイキリオタクをしていた人間でした。

しかし、いざ車を買うとなったら、めちゃくちゃ実用的な軽自動車を購入していました。

当時と今とで考え方が違ったのもありますが、スポーツカーを買わなかったことを後悔する気持ちはあります。

しかし、ぶんちょっちょ(デイズ)を選択したことに後悔はありません。変な感覚です。

相棒として、一緒に過ごしているから愛着が沸いたせいなのか、非常に気に入っています。

とても居心地がいいです。

仕事帰りとかイライラしても、ぶんちょっちょを走らせれば、それなりに気持ちは落ち着きます。楽しいです。

新型コロナウイルスの影響もあり、あまり遠出ができていませんが、通勤面で公共交通機関を利用せずに生活ができたこと。

これが、無事に1年間をすごすことができた要因の一つだと考えています。

ありがとう。ぶんちょっちょ。

これからも、よろしく(*´ω`*)

  • この記事を書いた人

ユウスケ@まきまー

福岡県在住の会社員兼ブロガー。中学でボーカロイドと出会って以降、高校はラブライブ、専門学生の時はダンスラッシュと順調にオタク道を渡り歩く。今はモルカーにお金を注ぎ込んでいる。ネット依存症。彼女とは出会って3年目。ブログの更新情報と日々の雑感はTwitterで発信しています。 詳細な自己紹介 ⇒ 「隠れ家にいる目立ちたがり屋」