給湯器が壊れた話【日記】

2022年2月2日

ブログの更新を週3にするぞ!

と決めてから、数週間を経過しました。

そして早くもネタ切れです。

毎日更新ができる人が神様に見えてきました。

記事の更新を優先したいので、先日僕の実家で発生した事件について書いていきます。

ゆるっとした日記ですので、暇つぶしとして読んでいただければと思います。

ユウスケ@まきまーです。Twitterをやっています。

問い合わせはコチラ

それは突然やってきた

1月26日の21時、僕がお風呂でシャワーのお湯を出そうとした時に起こりました。

どれだけ待ってもお湯が出てこないのです。

ん?これ壊れね?

激寒のお風呂場、シャワーから出続ける水、全裸でお湯が出るのを待つ僕、エラーコードを表示する給湯器リモコン

地獄というのは、あの光景を指していると言っても過言ではないと思います。

【悲報】今日はお風呂なし

給湯器リモコンがエラーコードを表示しているということは、給湯器でエラーが発生しているということです。

どこかで聞いたことあるような構文を思い浮かべながら、管理会社に給湯器が壊れたことを報告しました。

管理会社「明日、ガス会社を派遣するわ。よろしく。」

父「ウィッス('ω')」

僕「とりあえず、ガス会社が来るなら安心」

家族「せやな」

そんで、今日のお風呂は?

給湯器の故障問題は明日になればどうにかなる。

それはそれとして、今日のお風呂問題は解決していません。

時刻は21時半、大急ぎで問題を解決させなければ、睡眠時間が無くなってしまいます。

お風呂探し開始

兎にも角にも、明日も仕事があるのだからお風呂には入っておきたい。

なので、超大急ぎで銭湯を探すことになりました。

近所のお風呂は...?

僕の自宅の近所に、筑豊地区でたぶん一番有名な温泉である脇田温泉があります。

僕「"まん延防止措置"が発令される前日に、不要不急じゃない理由で温泉に入れるのラッキー!」

ネガティブなトラブルも、こうしてポジティブな発想に切り替えることで快適になるものです。

とは言っても時刻は21時半となっております。

受付は22時までと記載があって、ぎりぎりになってしまいますから、一旦電話をかけて受付していただけるかの確認を取ることにしました。

すると、先方から自動音声が流れ始めました。

これ、アカンやつじゃね?

脇田温泉「本日は設備点検のため、休館日となっております。」

どうやら、設備点検のため休館日になっているようです。

定休日ではないみたいです...。

タイミング良すぎんか?

これは僕の厄年パワーなのか?お祓いしたはずなんだけどな...。

僕の知っている場所は...?

脇田温泉がだめだとわかれば、他を当たるしかありません。

そこで僕が知ってるのは、下記の2つ

  • 遠賀川温泉
  • 照葉スパリゾート 本店・門司店

遠賀川温泉は営業時間が21時までなので、選択肢からは除外されました。

もう一つ、照葉スパリゾートは午前2時までお風呂の受付をしていて、とてもいい場所なのです。

しかし、本店・門司店のどちらも片道1時間以上かかってしまいます。

22時が近づいている中で向かうには、少々遠すぎます。

発見した銭湯

近所は全滅、あとはかなり遠い場所になってしまう...。

もうここまでか...と思ってきたその時、小倉にお風呂発見!その名も

天然温泉コロナの湯 小倉店

小倉であれば、自宅から片道1時間以内で行くことができます!か

なりいい場所にいい温泉を発見!

営業時間も午前1時まで、まだ余裕があります。

お風呂は問題解決

こうして、我が家は当日のお風呂問題をなんとかクリアすることができました。

天然温泉コロナの湯...。

その名前故に、一時は某ビールのように大変な時期もあったそうです。

けれど、そんな根拠もない噂は、施設を利用したことのある人には効果ゼロなので、現在も地元で愛されてる施設になっています。

併設している施設を合わせて、コロナワールドと呼ぶらしく映画館もありました。

今回は、お風呂だけの利用でしたが岩盤浴あります。

給湯器は治らず

時は進んで翌日となります。

在宅勤務をしながら、自宅にやってきたガス会社さんと給湯器の話をしていました。

そして予想通り、しばらくは治らないことが確定しました。

ガス屋「吸気が壊れとる。今日治すのは無理。」

僕「マジ?」

ガス屋「半導体部品が足りなくて、新品いつになるかがわからない。」

僕「マジ?」

ガス屋 「マジ」

これでは、しばらくお湯は使えません。

水風呂コースかな?

寒がりには過酷な冬が始まりそうです。

仮設給湯器がやってきた

しかし、向こうも部品が来ないことは想定済。

しっかりと対策がありました。

その方法は至ってシンプルで、壊れた給湯器の代わりに仮設で給湯器を設置することで、お湯はでるようになるみたいです。

これで、冬を凌ぐことができるようになりました。

いつまでこの仮設給湯器が続くのか、わからないですが「早めに解決すればいいな...。」と思っています。

昔ながらの、水とお湯の供給量を調節して温度を決めるタイプなので、慣れるまでが大変です。

あれから、1週間経過

そんな騒動から、一週間が経過しました。

お湯と水の調整は未だにうまくできませんが、慣れてきました。

一時はどうなるかと思いましたが、ひとまず何とかなっています。

業者さんによると、給湯器は冬に壊れることが多いみたいです。

言われてみれば僕の周辺でも冬に「壊れたー」と聞くことが多いです。

詳細な理由についてはわかりません。

夏場のエアコン故障と同じだと思ってる。

具体的な対策があるわけではないですが、給湯器が壊れていないか?不調な箇所がないか?を年1回程度は点検をした方をオススメされました。

早めに発見できれば、今回のようなことは未然に防げると思います。

ただし、ぼったくり買い替え詐欺にだけは注意しましょう。

  • この記事を書いた人

ユウスケ@まきまー

福岡県在住の会社員兼ブロガー。中学でボーカロイドと出会って以降、高校はラブライブ、専門学生の時はダンスラッシュと順調にオタク道を渡り歩く。今はモルカーにお金を注ぎ込んでいる。ネット依存症。彼女とは出会って3年目。ブログの更新情報と日々の雑感はTwitterで発信しています。 詳細な自己紹介 ⇒ 「隠れ家にいる目立ちたがり屋」