狭い空間でパソコン2画面環境を構築【マルチディスプレイ】

2022年2月16日

前回の記事で

2画面にしたけれど、思ったよりも快適にならなかった( ノД`)

と話をして、その原因としてこういったものを上げていました。

  • スペースが狭すぎる
  • ディスプレイとの距離が遠くて視力検査になる

今回はその解決に向けて奮闘した記録とマルチディスプレイの設定方法の詳細について触れていきます。

この記事をオススメできる人

  • 狭い空間でも2画面ディスプレイを使いたい!
  • マルチディスプレイの具体的な設定方法が知りたい!

こんな感じの人だと思います。それでは、解説していきます。

ユウスケ@まきまーです。Twitterをやっています。

問い合わせはコチラ

「省スペースでパソコン2画面化」に必要な心得

実際に2画面化の環境構築をやろうと奮闘したときに、諦めたことや工夫したことをざっくり書いていきます。

この心得があるかどうかで、環境構築の時に大きな失敗を未然に防ぐことが可能です。

大画面 × 大画面 を諦める

なので、デスクトップパソコンを使うのであれば2画面化を諦める必要があります。(例外アリ)

ノートパソコン&普通サイズ(21.5~22インチ)のディスプレイを駆使することで、何とか夢を叶えに行く。そんなイメージです。

僕は机の構造が理由で諦めたのですが、デスクトップを下置きにすることが出来れば「普通サイズ × 小さめサイズ」で実現できます。

どちらにしても、縦横共にスペースの制約がある場合、大画面を使った特大作業環境は諦めた方がいいです。

それか広い場所に引っ越しましょう。僕はできませんでした。

モニターアームが必須

スペースがあればアームが無くともディスプレイを置けるので万事解決です。

しかし、スペースが無いのであれば空中を有効活用するしかありません。

小物等あったりしますし、それらの置き場確保も大切なのです。

最低限必要なデスクサイズ

モニターアームを設置できても、肝心なのは2つのディスプレイが設置できるかどうかです。

僕が考える最低限必要なサイズは幅75 × 奥50(cm)だと感じました。

オススメはサンワダイレクトのパソコンデスクです。

ノートパソコンで2画面環境を作るために最低限必要なサイズを満たしてくれます。

デメリットとしては、ミニタワーデスクトップを使う上では、凄く相性が悪い点です。

下の空間にタワーを設置できるほどのスペースを確保することができないので、置き場に困ってしまいます。

床に置くのも一つの手ですが、僕の個人的な好みもあってそれは断念。

行き場がないタワーは上に置くしかありませんので、せっかくの作業スペースがひっ迫してしまいます。

一方で、僕のようにノートパソコンを使えば、最低限必要な作業環境を作ることができます。

今回のように作業環境の充実化もできるので、ここが最低ラインだと考えています。

逆を言えば、これ以上に大きな空間を確保することができれば、より良い作業環境を生み出すことが可能です。

ELECOM ディスプレイアーム (DPA-DL02BK)

パソコン工房で購入

今回はあまり時間がなかったので、先日投稿した記事を書き上げてからすぐにパソコン工房へ走りました。

あそこに行けば、たぶん何とかなる。
何とかなってくれないと困る。泣いちゃう(´;ω;`)

そんな気持ちでした。

今、必要なものが確実に売っていると思われる場所へ猛ダッシュです。

そして、ディスプレイアームが陳列されている場所で、唯一ノートパソコン用の台があったELECOMのディスプレイアームを購入しました。

取付はとっても簡単

取付後
取付前

設置は非常に簡単で、初めて取り付けをする僕でも特に苦戦することなく取付をすることができました。

説明書の通りにポールを立て、アームの組込みをして、ネジをクルクルすればあっという間に完成です。

アーム無しと比べて空間に余裕ができましたので以前よりも机が広く感じます。

宙に浮かせるだけで、ここまで机を広く使えるようになるとは...。

今まで行き場がなかった小物入れに居場所ができました。

パソコンの下には、DVD読み取りドライブと、お気に入りの湯呑。

ディスプレイの下には、小物用の入れ物をおきました。

一点気になるのは、ガス式ではなくネジ式ですので、定期的に緩みがないか確認が必要な所ですね。

万が一落下してしまうと大惨事です。

マルチディスプレイを設定する

より快適な2画面空間が完成した所で、今からマルチディスプレイの設定方法について解説していきます。

設置しただけじゃ、充分にその良さを活用できません。

高画質カメラを購入したのに、カメラを使わずにスマホで写真撮影をしているような状態にはしたくありません。

充分にその良さを堪能するために、しっかりと設定をやっていきましょう。

何も特殊な作業は必要ありません。この手順通りにやれば万事解決です(*´ω`*)

ディスプレイとパソコンを繋げる

接続方法は何を利用してもいいです。

今回はノートパソコンの受口にHDMIがありますので、それを利用していきます。

「ディスプレイの設定」を開いて設定を反映

デスクトップ画面で右クリック、もしくは「設定 > システム > ディスプレイ」で設定画面を表示しましょう。

初回でこの設定を開いた場合、2つの画面が同じ映像を出力しているはずです。

ここで、画面をスクロールしていくと「複数ディスプレイ」と言う項目が見つかります。

「表示画面を拡張する」を選択しましょう!

位置を調整しておしまい

ディスプレイの設定が終わったら、スクロールで一番上に戻ります。

この四角枠の配置を実際のディスプレイに合わせたら、設定終了です。

作業効率が上がった

パソコンの配置が決まってから、ブログの作成作業が大幅に向上しました。

メインの執筆をサブディスプレイで行いながら、調べ物や写真の確認をノートパソコンのディスプレイで行っています。

今まで、都度都度でウィンドウ切り替えを駆使していた手間が無くなってブログに集中しやすくなりました。

何より、カッコイイ(*´ω`*)

目の前のこの景色にテンションが上がって、モチベーションがモリモリ湧いてきます。

しかし、デメリットもある

マルチディスプレイを手に入れて、快適な作業環境を手に入れましたが、マルチディスプレイにはメリットばかりではありません。

世の中は良いことばかりではないのです。

給湯器が直る予定が全く立たず困っているのも、この世が良いことばかりではない典型的な例です。
自動じゃないからシャワーのお湯が気まぐれで水に変わる。毎日寒くて泣きそう。

それじゃあ、マルチディスプレイのデメリットはどういったものなのか?

ざっくりまとめるとこういったものがあります。

  • マウスジェスチャーLがバグる
  • 定期点検が地味に手間

マウスジェスチャーがバグる

これは、WQHDの13.3インチ+FHDの21.5インチを組合せて使ってしまった僕の失敗です。

と言うのも、僕の使っている「マウスジェスチャーL」は2枚以上のディスプレイを使う時に、表示倍率が揃っていないと片方のディスプレイで右クリックをするとポインターがズレるバグがあります。

マウスジェスチャーを導入して以降、右クリックは何気に利用することが多いので、これはとっても不便...。

対策としてはディスプレイの表示倍率を揃えるだけでいいのですが、僕のマルチディスプレイ環境ではこういった問題が発生しています。

ノートパソコンの表示倍率を合わせると視力検査状態

表示倍率をモニター側、つまり100%で統一した場合は、ノートパソコン側のディスプレイがとんでもなく縮小されて表示されることになります。

表示される情報が多いことは、素晴らしいのですが小さすぎてこれじゃあ何が書いてあるのかわかりません。

片目0.2にはツライ(=_=)

モニターの表示倍率を合わせると虫眼鏡状態

では逆に、表示倍率を大きい方に合わせてみた場合はこのようになります。

パソコン側は当然、僕が求める大きさで表示を出してくれる一方で、モニター側の表示が大きくなりすぎてしまいました。

大きすぎは大きすぎで、情報収集がとってもやりにくい...。

ノートパソコン125%、モニター100%が見やすい

こうして僕の目に優しい表示倍率にしているわけですが、これではマウスジェスチャーのバグに苦しめられてしまいます。

もっと高解像度でサイズが今と同じモニターがあればいいのですが...。あるかなぁ...。

今はマウスジェスチャーの利用を辞める選択肢はないので、ちょっと困っています。

定期点検が手間

僕が購入した「ELECOM ディスプレイアーム (DPA-DL02BK)」はネジ式なので定期的な点検を怠ると大惨事になります。

これがガス式でメンテナンス性が少し楽になっていたと考えると、10,000~20,000円は出しても良かったような気がします。

精神的な不安が減るのも大切なことですからね。

ただ、定期的にディスプレイアームを気に掛けることで、ディスプレイ裏の掃除を今までよりやるようになるはずですので、それはそれでメリットかもしれませんね。

今までが汚すぎる(/ω\)

75点の完成度

まだまだ足りない部分が多くて大満足とはならなかった今回のマルチディスプレイ環境の構築作業。

ただ、それはあくまでも僕の個人的な理想を追い求めてしまっている結果に対して、現実に出来上がったものが違ったというだけの話です。

取付のために、アームの組立をするのは楽しかったし、配線も地獄なりに綺麗な形を作ることができた達成感もあります。

ブログの制作作業の質や、リモートワークの質も格段に向上した点も含めていけば、満足の行く結果になったと感じています。

理想と、現実と、得られたメリットを総合的に評価した結果75点の完成度と言う形におちつきました。

それに、省スペースでもマルチディスプレイの環境を作れることがわかったのは成果として大きいです。

僕の部屋だと、机が狭いから2画面なんて...。

と思っていた学生時代の僕に教えてあげたい。

  • この記事を書いた人

ユウスケ@まきまー

福岡県在住の会社員兼ブロガー。中学でボーカロイドと出会って以降、高校はラブライブ、専門学生の時はダンスラッシュと順調にオタク道を渡り歩く。今はモルカーにお金を注ぎ込んでいる。ネット依存症。彼女とは出会って3年目。ブログの更新情報と日々の雑感はTwitterで発信しています。 詳細な自己紹介 ⇒ 「隠れ家にいる目立ちたがり屋」