九州最大の岩盤浴でのんびり休暇【照葉スパリゾート】

2022年1月17日

今回は、ここ数年で急速に開発が進んできた福岡市東区アイランドシティにあるスパリゾートを紹介していきます。

アイランドシティとは、海の中道からそのまま道沿いに行くことができる人工島です。

マリンワールドや海の中道海浜公園、志賀島観光をした後に立ち寄ってのんびり休むにはすごくいい場所に作られています。

アイランドシティはここ数年で周辺の開発が行われており、最近福岡都市高速のアイランドシティ線が開通しました。

福岡都市高速は景色と走り心地が良い有料道路です。そのまま福岡環状線に向かうことができますのでドライブにもオススメです。

そして今回訪れるのは、そんなアイランドシティにある「照葉スパリゾート 本店」での話をまとめていきます。

ユウスケ@まきまーです。Twitterをやっています。

問い合わせはコチラ

そもそも「スパ」ってなに?

彼女からオススメされた「照葉スパリゾート」ですが、僕自身「スパ」がなんなのか全く理解できておりませんでした。

なので、ざっくりとWikipediaで調べてみたところ「療養温泉」らしいです。

のんびり過ごす場所のようです。

ここ数週間ほど、仕事のストレスが原因で調子を崩しまくっている僕との相性がいいと感じましたので行くことにしました。

疲れを癒してストレスも減らしていきましょう!

初めての岩盤浴

スパリゾートと言えば、温泉・サウナ・岩盤浴です。知らんけど。

なので、まずは岩盤浴に向かいます。特に理由はないですが、そこそこ汗をかくらしいのでお風呂の後に行くのはちょっとね。

岩盤浴とは?

岩盤浴、僕は行ったことがなくて今回が初めての入場です。そもそも岩盤浴がわからん。

調べてみたところ、Wikipediaにてこのように記載されていました。

岩盤浴(がんばんよく)とは、湿度が高く室温40度程度の部屋で、温められた石の上に横になり、岩盤から発する遠赤外線などの温熱効果を得る入浴方法で[1]、汗をかく[2]。天然の浴場では秋田県の玉川温泉が元祖とされる[3]。温泉より負担が少なく[4]、サウナより温度は低い[2]。岩石にはブラックシリカ、ゲルマニウム、貴宝石FU 、天照石などが使われる[5]。遠赤外線が放射されているとされるが、皮膚表面に届くのみである[3]。リラクゼーション効果がある[6]。1年間の継続的な使用で血糖値が改善したという研究がある[7]。2006年を頂点として2000年代にブームとなり岩盤浴専門店が増加したがブームは去り、その後はスーパー銭湯内の岩盤浴併設が増えた。

岩盤浴 - Wikipedia より引用

細かいことはよくわかりませんが「石の上でぬくぬく過ごすもの」と覚えました。

実際に中を見たら、石の上でゴロゴロするので間違いないかと思います。そんな知識でいいのです。楽しめれば。

めっちゃ暖かい(あつい)

一通り(一部除く)楽しんだ感想は

「めっちゃ肌スベスベなるし、サウナほど苦しくない、落ち着く」

といった感じになりました。1つほど激熱のサウナみたいな岩盤浴も存在していますが、大半が45~60℃以内で温度を保っていて非常に入りやすいです。

個別に感想も記載しておりますので、岩盤浴の種類と共に見ていただけたらと思います。

岩盤浴の種類

岩盤浴は全部で6か所(+女性用1つ)になっております。

公式HPによると、岩盤浴としての規模は「九州最大級」とのこと、どおりで人がくるわけだ。

館内は他のお客さんもいますので、迷惑にならないよう撮影はあまり行っておりません。

写真はすべて公式HPより引用させていただいています。

  • 蒼の洞窟(あおのどうくつ)

美彩汗房自慢の「蒼の洞窟」は、神秘的で荘厳なムードを醸し出すブルーの空間が非日常へと誘います。洞窟全体に立ち昇る蒸気までもが光に照らされ、どこか神秘的な雰囲気。スチーム効果で体感温度はやや高く感じられます。新陳代謝の促進、精神安定、老廃物の排出などの効果が期待できます。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

ここは入口から洞窟のような雰囲気があって、とてもワクワクした部屋です。公式HPでも記載がある通り湿度が高いような気がします。

記載されている効果は、果たして本当にあったのかは、正直わかりません。でも、中にいると落ち着きますので、精神安定の効能は間違いなくあったと見ていいでしょう。

  • 美煌彩洞(びこうさいどう)

岩盤房の中でもっとも広く、さまざまな薬石をお楽しみいただけます。体に合わせて沈む玉砂利と、全身に密着するプレートの2種類を用意。血行促進、新陳代謝UP、美肌に。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

僕はここが一番のお気に入りです。2回目訪れたときは、岩盤浴はここばかりを出入していました。

というのも、玉砂利がとっても心地よく体にフィットしてくれるので、正直「蒼の洞窟」よりリラックスできました。
※個人の感想です。

美肌効果、血行促進、代謝UPといった効能についても、実感できていて「岩盤浴ってスゲー」とも感じました。

1回入って、休憩を兼ねて水分補給、2回目入場するや否や汗がドバドバ...。ここを訪れる際は着替えを忘れないようお気を付けください。

  • 紫瞬石洞(アメジストどう)

寝転ぶと天井に星空が輝く癒しの「汗蒸幕」は、15世紀の文献にも載っているほど伝統的なサウナ。円形の空間内で遠赤外線が反射しあい、デトックス効果を発揮します。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

若干傾斜のついた、岩盤浴となっていて窪みが僕の体とあまり相性がよくなくてそこまで長い時間滞在できていません...。

気持ちを落ち着かせる効果があるみたいですが、僕みたいなタイプには不向きかも...。

彼女は、いい感じに窪みに体が収まるみたいで、そこそこ快適に過ごせているようでした。

  • 汗蒸幕(はんじゅんまく)

寝転ぶと天井に星空が輝く癒しの「汗蒸幕」は、15世紀の文献にも載っているほど伝統的なサウナ。円形の空間内で遠赤外線が反射しあい、デトックス効果を発揮します。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

これまた「紫瞬石洞」と同じ構成になっています。

しかし、先程と違うのは室内が円形ドーム型になっている点です。

これが伝統的なサウナとの情報もあり、一度は体験してみるのもいいかもしれません。

天井はとても綺麗でしたが、やっぱり床の形が体に合わない...。

  • 光読洞(こうどくどう)

コミックや雑誌を読みながらゆっくりご利用頂ける低温岩盤浴です。ブース席ではUSB端子・コンセント完備。スマートフォンのお持込みも可能な個人ブースもあるリラックス空間でくつろげる新感覚岩盤ルームです。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

こちらは室内温度が非常に低い岩盤浴となっています。

スマホやコミックを持ち込んでゆったりとしながら、体を暖めていくことが可能となっています。

僕が休んでいた時、チンパンジーが騒いでいましたのであまりリラックスしにくかったです。

このエリア内、動物以外はお静かにお願いします。動物は入館禁止なので、そんなことはないはずなのですが...。

  • 灼熱洞(しゃくねつどう)

富士山と並んでその名を知られる三島溶岩(静岡県・三島市)を使った迫力ある空間は、ミネラル分が豊富で、リラックスを誘うマイナスイオンがたっぷり。ロウリュサービスもあります。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

その名の通り、激熱な空間で僕が入室したときは70℃もありました。

ただの高温サウナとも言っていいのですが、やはりここは岩盤浴ですので意外と、居心地は悪くありません。

これが、マイナスイオンの効果なのでしょうか?

とはいうものの、暑いことには変わりないので、長時間は入れませんでした。

  • 塩麗洞(えんれいどう)※女性専用

岩塩が照らされるやさしい空間は、リラックス効果抜群。浄化作用、疲労回復、ホルモンバランスの改善に役立つミネラルがたっぷり。深呼吸して、アンチエイジングや美肌対策に。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

僕みたいな野郎は入場できません。

美肌効果が非常に高いみたいで、彼女は満足そうでした。

  • 銀氷洞(ぎんひょうどう)※冷

スワロフスキーでデコレートされた神秘的な空間は、雰囲気も温度も別世界。他の部屋であたためた筋肉を冷やすことでリンパや血行を促し、お肌もリフレッシュ!※低温のためアロマはございません。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

岩盤浴で火照った体を、一旦冷ますのに最適な空間です。

汗をかいた状態で入室すると非常に寒いですが、ある程度の汗を拭き取って入室すると案外快適な空間がまっています。

お肌スベスベの本当の要因はこの子なのか??

  • メノウの足湯

ストレスや不安などを浄化するといわれるメノウ石の足湯。本を読みながらじんわりリラックス。心の疲れまで脱ぎ捨ててゆっくり過ごしていただけます。

岩盤房 - 照葉スパリゾート

僕が入ったときは、石があまり暖まっていなかったためか、その効果を体感することができませんでした。

ホカホカなのか、仕様なのか、その真偽は不明。

岩盤浴のあとは眠くなる(らしい)

岩盤浴に入ると交感神経がかなり刺激され、外に出て体の温度が下がって来た時に副交感神経が作用して眠くなる人が多いみたいです。

そういった細かい原理を僕のような、お馬鹿さんは理解ができないので、僕向けにわかりやすく解説するのでれば、「熱いところに長くいたら疲れる」といった感じでしょうか。

普段から長風呂や半身浴で暖かい場所に慣れているお風呂好き仲間たちであれば、のんびり過ごしながらそれなりに体力を残した状態で楽しむことも可能です。

というよりも、アロマも炊いてあってリラクゼーション効果が高いせいか、岩盤浴の中にいると凄く眠たくなります。

熱中症リスクが跳ね上がってしまいますので、岩盤浴中のお昼寝はやめましょう。

大浴場

岩盤浴でそれなりに汗をかいた後は、お風呂に入りましょう。

とっても気持ちいいのでオススメです。

大浴場の中には、様々な種類のお風呂があって僕はそのすべてに入ったわけではないですが、いくつか楽しんできましたので紹介していきます。

なお、大浴場内は撮影禁止となっております。引き続きホームページより画像を引用させていただきます。

室内風呂

まずは、大浴場に入場してからすぐに入れるお風呂たちを紹介してきます。

ここだけでも充分に楽しめるそんなクオリティで構成されています。電気炭酸風呂、ジェットバス、水風呂についてはまだ楽しめていない...。

高濃度炭酸泉

高さ7mを誇る日本最大級の10tタンクからわき出す強炭酸が体中を真っ白な泡で包み、 肌をなめらかに。かすかに肌に伝わる刺激が体を芯からあたため、 血行を促進してくれます。

スパ - 照葉スパリゾート

お肌ツルツルお風呂の定番とも言っていい高濃度炭酸のお風呂です。

お湯の温度は低めに設定されていて、非常に長湯に適したお風呂だと言えます。

血行促進効果があるため、低めの温度でも体がポカポカして気持ちいいのが特徴です。

ジェットバス

エステ ・ スーパージェット ・ マグナムという特長のある3本のジェットが、 心地よい強さで体をマッサージしてくれます。

スパ - 照葉スパリゾート

満員だったので、僕は利用していませんが、ジェットバスもあります。

次行ったときは挑戦したい!!

香り湯

美容風呂や季節限定のお風呂などリラックス効果の高い彩り湯をお楽しみいただけます。

スパ - 照葉スパリゾート

時期やタイミングで色や香りが変わるお風呂です。

僕が行ったときは、白色でした。

電気炭酸風呂

ここも先客がおりましたので、現時点では体験できておりません。

コリをほぐしてくれるのかな?

露天風呂

この時期なので、外が寒くて|д゚)チラッと見て回るだけでしたが、露天風呂もあります。

露天風呂にはTVが付いていて、高校サッカーの試合中継が放送されていました。おじさん達はサッカー好きなんだね。

岩風呂

露天に出ると広々とした岩風呂がお出迎え。緑の木々と木造の建屋に固まれた贅沢な露天風呂でひとときの癒しをご満喫ください。お子さまも安心して入浴できる浅湯もあります。

スパ - 照葉スパリゾート
美泡風呂

軽石から出るきめ細やかな泡が全身を包み込み、まるでお湯の中に浮かんでいるような心地よさ。
気泡がはじけることで発生するマイナスイオン効果で肌をやさしく整えてくれます。

スパ - 照葉スパリゾート
寝湯

見た当初はロマンがあって、面白そうに感じましたが、浮力によってお腹が浮きます。

冷えないか心配...。

陶器(美泡)風呂

銭湯によくある、一人用のアレです。

サウナ

僕はサウナは割と苦手な方なのですが...。せっかく施設を楽しむために来ていますので、1つ行きました。

サウナ自体は下記の3種類ありますので、気になるものがあれば、楽しむのもいいかもしれません。

高温サウナ
ハーブサウナ
塩サウナ
水風呂

僕がサウナの中で唯一利用したのが、塩サウナです。

気温は岩盤浴の「灼熱洞(しゃくねつどう)」と体感では同じくらいになっています。

まず、入室前に体をしっかりと拭くこと、そして水分補給をしてはいることが推奨されています。

塩サウナでは「塩」を体にすりこんで、その「塩」を自身の汗で溶かしつつ体になじませる。といった工程が必要になっているためです。

効能としては、お肌が尋常じゃないほどツルツルスベスベになります。ビックリします。

岩盤浴でお肌の調子が良くなっている時に、このブーストは効果絶大ですので、ぜひお試しください。

次回は「ハーブサウナ」に挑戦する予定です。日替り?週替わりでハーブが変わるので、僕が行く時はどんな香りなのか非常に楽しみです。

休憩エリアなど

岩盤浴、温泉、サウナと一通り楽しむと、流石に疲れてきます。特にサウナは体力を消耗しがちです。

しかし、ここは修行の場ではなくリラクゼーションを目的としたスパリゾート。サウナで疲れた体はゆっくりと休ませればいいのです。

そのための休憩スペースも勿論、用意されています。

コミックコーナー / リクライナー

約3万冊のコミックや雑誌がずらりと並ぶエリア。子どもから大人まで楽しめるさまざまなジャンルが勢揃い。もちろん新刊も続々と入荷しています。

アミューズメント・別館 - 照葉スパリゾート

テレビが楽しめて、インターネットができる館内専用タブレットをリクライナー席に設置しています。お風呂上がりのリラックスタイムにご利用ください。女性専用エリアもあります。

アミューズメント・別館 - 照葉スパリゾート

岩盤浴の休憩で最も利用すると思われるスペースがこちらのコミックコーナーとリクライナーです。

沢山のコミック本、雑誌が読める他にリクライナーではTVが据え付けられているものがあってTVを見ながら、休むことができます。

また、女性専用スペースもありますので、女性の1人利用でも安心して休むことができます。

コンセントがある座席も、存在していてパソコンを持ち込んで仕事をすることも可能です。

なお、リクライナーのスペースでは、スヤスヤとおやすみしている方が多くいますので、お静かにお願いします。

プライベートスペース

座席ごとに区切られたスペースが用意されているスペースです。

コンセントも利用できますので、パソコンを持ち込んで仕事をするのにも向いています。

デメリットは、椅子が固定されていて上下しか調整ができないため、椅子のポジショニングには気を使います。

くつろぎスペース

2Fと3Fにあるまったりできるスペースで、いちゃつくカップルばぼちぼちいます。

ハニカムラウンジ / 足湯

別館3Fにあります。別館と本館は岩盤浴がある3Fで繋がっていますので、特に本館別館を気にすることなく3Fで過ごすことが多いですし、特に気にする必要もないかと思います。

ハニカムラウンジは、本館の「くつろぎスペース」のような空間で、蜂の巣のような箱状の空間や「人をダメにするソファー」が沢山おいてあります。

足湯は、ぼちぼち利用者がいて、混雑気味でしたので僕はまだ利用できておりません...。

次行ったときは絶対に利用したい。

キッズスペース

家族連れで休憩スペースを利用する時に「子供が騒いで迷惑をかけたらどうしよう...。」と言ったニーズにも対応したスペースがこのキッズスペースとなっています。

元気いっぱいなお子さんが、ワイワイしていてもここではお互い様と言えるような空間となっています。

作りはほぼ「コミックコーナー / リクライナー」と同じですので、保護者の方もゆっくりとくつろげるかと思います。

トレーニングルーム【T-FIT】

3台のランニングマシンと6台のフィットネスバイクをご利用できます。また、壁面の1面が鏡張りになっており、フリースペースがあるため、セルフでダンスやヨガの練習ができます。運動不足を気にしている方や美しく痩せたいと思っている方に。

アミューズメント・別館 - 照葉スパリゾート

岩盤浴やサウナに入ってもまだ、元気が有り余る人や、一休みを終えて体を動かしたい人は別館4Fにある簡易フィットネスの「T-FIT」の利用はいかがでしょうか。

ランニングマシンと、フィットネスバイク、あとは広いスペースがあるだけの空間です。

ダンベル等の本格機材はありませんので、ゴリゴリなジムというよりも、息抜きで体を動かしたりする人が利用する印象を受けました。

運動のあとに、大浴場でお風呂に入るのもまた気持ち良い気分になるので、オススメです。

食事について

ほぼ1日滞在できる「照葉スパリゾート」では美味しいごはんの楽しむことが可能です。

僕は、下記の中でフードダイニングテリモアのみ利用している状態で他の店舗は利用しておりません。

テリモアは非常にオススメなので、初めて行った際はここ一択で、次回以降の来店の際に他のお店も検討するような感覚で問題ありません。

実際、僕はその予定です。

フードダイニングテリモア

和・洋・中の様々なジャンルのメニューやお子様メニューもご用意しております。
またドリンクメニューは豊富で見た目鮮やかなインスタ映えするメニューも大好評。

グルメ - 照葉スパリゾート

ここの一番の魅力しては「the 定食屋」といったメニューのバラエティーにあります。

昼も夜も、ここでご飯を食べるとなっても問題ありません。また、おしゃれなドリンクメニューや美味しい期間限定メニューもありますので利用方法して飽きることは少ない印象を受けます。

僕が訪れた時はまぐろフェアを行っていたので、まぐろ丼を注文しました。価格はセットで1,000円ほどと決して安くはありませんでしたが、非常に満足のいく美味しさでした。

期間限定メニュー(まぐろ丼)
数量限定メニュー(本まぐろタレ漬け月見丼)
エビフライ定食
定食メニューも非常に美味しいのでオススメです!

その他の店舗

テリカフェ(休止中?)

「からだキレイ」メニューが充実。なかでも無添加のフレッシュジュースが大人気。新鮮な果物の味と香りがたっぷり楽しめます。またアルコールやスイーツもご用意しています。

グルメ - 照葉スパリゾート

僕が行った際は、営業休止中の貼り紙がされていて、謎のままのお店です。

再開が待ち遠しい...。

パン・ド・クルール(定休日:月曜)

東区塩浜で地元から愛される人気のパン屋さん。「ゆだねパン」という長時間発酵の柔らかパンや「ふくや」の明太子を使ったパンなど幅広い年代の方に人気のパンが勢ぞろい!

グルメ - 照葉スパリゾート
博多王将

親しみやすい味、リーズナブルな価格にボリューム満点の中華料理が特徴です。種類豊富なメニューで幅広いお客様にご利用頂けます。お腹が空いたら是非「博多 王将」へ

グルメ - 照葉スパリゾート
御膳屋

新鮮魚介とイカ料理が楽しめる、福岡の人気居酒屋「御膳屋」。居酒屋メニューだけでなく、ランチやファミリー向け、キッズ向けメニューも充実しています。最大75人の宴会ご利用も歓迎!

グルメ - 照葉スパリゾート

※御膳屋のみのご利用の場合は照葉スパリゾート入館料が掛かりません。
※宴会の予約やお料理、営業時間についてはこちらからご確認ください。
詳しくはコチラ

非常に充実した休暇を過ごせる

ただし、岩盤浴・サウナ好きに限る。といったのが一通り楽しんだ感想です。

正直な話、岩盤浴と大浴場以外の施設については、ぼちぼちといった印象が強くいです。ごはんも価格や味に不満はないものの、オマケ感が拭えません。

でも、なんだかんだで僕としてはかなり良い息抜きとなりました。

翌日の仕事への意欲も少しだけ湧いてきましたし、ブログの方もより一層力が入っています。

ストレスや疲労というのは、やっぱり体に良くないものなので、こう言ったリフレッシュができる施設というのは、現代社会との相性が凄く良いのかもしれません。

あと、デートスポットとして利用しやすいのもいいですね。

カップルの利用客も沢山いました。

ノマドワークにも最適

ブログ等の制作作業が行き詰ったときに息抜きとして、今後も利用するとは思います。

そのために会員券も作成しました(*´ω`*)

片道2時間ほどですが、いうて2時間なら近所なので問題ありません。

カフェ利用で作業するよりも高く付くのですが、丸1日過ごせる上に作業後のリフレッシュもできるといった点でかなり利用のメリットを感じました。

照葉スパリゾート側も、そういったノマドワーカーを歓迎している雰囲気があって「午前中に仕事をして、午後は昼食と岩盤浴、温泉で息抜き!」みたいな看板もありました。

僕もそういった利用をしたわけですが、とっても良かったです。珍しく記事を2つ仕上げることできましたし。

息抜きは大切なんだな...。と思い知らされた施設でした。

  • この記事を書いた人

ユウスケ@まきまー

福岡県在住の会社員兼ブロガー。中学でボーカロイドと出会って以降、高校はラブライブ、専門学生の時はダンスラッシュと順調にオタク道を渡り歩く。今はモルカーにお金を注ぎ込んでいる。ネット依存症。彼女とは出会って3年目。ブログの更新情報と日々の雑感はTwitterで発信しています。 詳細な自己紹介 ⇒ 「隠れ家にいる目立ちたがり屋」